小陰唇縮小手術の詳細

小陰唇縮小手術について

手術費用

両側20万円前後

手術時間

およそ3、40分

麻酔

局所麻酔のところがほとんど

切開切除

女性器用のメスorレーザーによる切開切除。クリニックによって異なる

入院・通院

ナプキンを当て、手術当日に歩いて帰宅可能

その他

  • トイレは当日から通常通り可能
  • シャワーは翌日から、入浴は1週間後から可能
  • 手術後1週間前後は出血があるため、生理用ナプキンを利用
  • 手術当日の喫煙・飲酒禁止
  • 性交渉は1ヶ月禁止
  • 1ヶ月程度は激しいスポーツを控える

メリット

  • 擦れによる痛みの軽減
  • 陰部の黒ずみ・臭い・形の不揃いが解消
  • 清潔を保ちやすい

 

局所麻酔を使用し余分な部分をカットして、小陰唇の形や大きさを整えます。短時間で施術が終了し、日帰りで治療できます。手術範囲は膣には及びませんので、妊娠・出産にまったく影響がありません。

 

局所麻酔を使用して余分な小陰唇部分を切除していきます。手術の時間も短く、入院の必要もなく、傷跡の治りも早いことから、誰にも気付かれることなく形や大きさを整えることができます。また、あくまでも余った部分の皮のみを切除するので、妊娠や出産に影響することもなく安心できます。

 

小陰唇縮小手術のリスクとは?